なくもんか(T_T)

夕凪なくもの「公式」ブログです。 小説を書いたり、書かなかったり。 そんな毎日と、自著についてのお知らせを主にします。たまにおススメの本を紹介したりします。 TwitterのIDは@sazamekunami01です。こちらもどうぞよろしく。 AmazonのKindleストアで電子書籍(小説)多数販売中。月刊群雛にも多数の小説を寄稿。E★エブリスタでも時々小説を公開。「超・妄想コンテスト 水場の恐怖」準大賞受賞。人気ブログランキングに参加しています。現在がん闘病中。

やっと書けますよ。
先週の金曜日にアテクシが受けた仕打ちをね。

そりゃもう酷いものでありんした。
アテクシ初めて「この病院には人の心を持たぬ悪代官がいる」と心底震え上がりました。

順を追って説明しましょう。
まず悪夢のような生検がようやく終わった頃でした。
これでようやくCT検査が受けられると、僕はむしろ喜んでさえいました。
だってCT検査なんて痛みなく体の中のがんを調べられる、素晴らしい機械じゃないですか。
造影剤の注射なんて可愛いものですよ。
地獄の生検に比べればはるかにましです。

で、正座してCT検査を待ってたんですが、いくら待てどもお呼びがかからない。そのうち持病の癌性疼痛から来る右足の激痛に襲われましてね。最初は「ちょうど検査する部位が痛み出した。検査はかどる~ラッキー」くらいに思ってたんですが、この痛みがとてつもなく痛い上に、何度頓服の点滴のボタンを押しても引かないくらい長い痛みでしてね。

うーうーベッドの上で苦しんでる最中にようやく検査の知らせが来たんです。そこからはどうやって検査室まで移動したか定かじゃないんですが、朦朧とした意識の中では若い女性看護師に若い男性看護師も混ざって移動式ベッドに載せてくれて、一人の女性看護師なんて僕の体をさすりながら「痛いねー。大丈夫だよ」と励ましながら移動式ベッドを押してくれる優しさ。

アテクシこの時は本当に感動して、この病院にも白衣の天使がいたんだあ、と真面目に病院への寄付を考えたほどでした。実際はそんな余裕ないけどね、テヘペロ。

で、CTの順番が来て優しい天使ともお別れ、男技師やドクターばかりの殺伐とした世界に放り込まれた訳ですが……「⚪⚪さん、この態勢は辛い?」突如技師だかドクターだかが、ようやく右向きにCTの台に上がったばかりのアテクシの両足をグイグイっと縦に伸ばして話しかけてくる。

当然激痛。

僕も「あいででで。痛いっす」と、どこかでお前そのセリフまんま言ってたぞ、的なデジャビュの香りを嗅ぎながら答えます。

「あ、そう。じゃあこれは?」男性、今度は少しだけ僕の両足を持ち上げる。
「あ、それなら何とか……でも痛いかな?」僕が応えると、男性は、
「じゃあこれで行ってみよう」と、突如拘束具のようなものでアテクシの両足をぐるぐる固定し出しました!
しかもその拘束の位置は最初の激痛を感じた場所よりも、はるかに高い位置!
はるかにはるかに高い位置で拘束拘束されたアテクシ、痛い痛いどころではないアルよ(分かってくれます?この僕の痛み)

これじゃまるで江戸時代の拷問じゃないですか。
僕も思わず、「いでぇえええええ。助けてくれえええ、お代官さまああああ。」的なことを現代風に叫んだのですが、お代官様は平然と、
「我々にも時間の制約があるんですよ。今日はCTはいっぱいなんです。それに⚪⚪さんはこの態勢が一番よく撮影できるのですから、我慢してください。斬」

最後に格好よく「斬」と決めたかは薄れゆく意識の中で、はっきりとは思い出せません。

しかしこの時僕は確実に、この病院には魔物が棲んでいると感じ、それがゆえに今まで語れなかった理由です。

嘘か本当か、信じる信じないはあなた次第。
    mixiチェック

去年入院した時もそうだったのですが、この病院は基本的に看護師たちが忙しい。

それ故に患者たる僕は基本的に暇になります。

でも突如として看護師の目線が僕に向くこともあります。

今日もそうでした。

朝起きて「今日は日曜日かあ。きっと看護師もドクターも休みだろう。僕も今日は朝から心おきなく将棋番組を観るぞ!」と張り切ってテレビのスイッチを入れた途端、看護師が入って来て「⚪⚪さーん(僕の名前)。一昨日生検した傷跡を見せてくださーい」。

仕方なく将棋番組を観ながらパンツを脱ぐと、「⚪⚪さん、この液体は何?」
思わず「えっ?」となってよく見ると、僕が着ていた病院服が黄色に染まってる。でも尿じゃないよね、とお互いに匂いを嗅いで納得し、「じゃあこの黄色の液体は何?」ってことになりました。
尿ではない、点滴も無色だからない、だったら何??

結論としてその看護師がよく見て出した答えは、股から分泌した液が、夜中の間に股を通って下の僕の病院服まで濡らしたのではないか。

いずれにせよ汚いので、「⚪⚪さん、午後3時からもう一人看護師を呼んで綺麗にしますから、その心づもりでいてください」とな。

まあええけど、おかげで日曜将棋の時間を見逃したわい。

で、3時になっても案の定来ない。病院の検査と同じく、待たされること待たされること。んでだいたい4時過ぎくらいになってようやく体拭き開始。なーんなのこれ。

ってな訳で、この病院では入院しても待たされるのであった(他の病院は知らないからね)。
従って今日が僕にとってお休みの日、であるかどうかも分かりません。むしろ今日もナースたちに待たされたので、通院したけど待たされた損した気持ちです。

あ、そっかあ、CT事件の顛末を話さなきゃ、忘れてしまう。
だけどもうKindleの充電がないので、また明日。

病院からおやすみなさい🌃✨💤
    mixiチェック

さて、ようやく一息つけましたよ。

今日は朝6時に起床。
6時半くらいに検温とかあったのかな。
そこで微熱が発覚し僕焦るも、看護師さんは全く慌てていない。

こちら白血球の数が抗がん剤の影響で少なくなってるんですよーーー\(^^)/

とは大声で言えず。
午前中は暇そうだったから昨日のことを書いてたのかな。
ブログを書くにもタイミングが重要なんですよ。
多分しばらく看護師さんが部屋に入って来ないだろう、というのを見極めないと、Kindleの電源落として看護師さんの相手をしてるうちになんかわちゃわちゃして、最悪書きかけの日記が消えてしまったとか、Kindle自体落として壊しちゃったとかいう不確定要素が発生しないとも限らないので、きちんとこちらも計算しているのですよ。

で、案の定午前中に看護師は来なかったので昨日のことを書き、長文は書きづらくて疲れるので一旦やめて、ちょっと役所関係の人で今回の入院を告げてなかった人がいたので電話。
まあ忙しい人なので案の定出なくて、また折り返しお願いしますと事情を告げた後、食事が来たので、いつも通り変な態勢で食す。
それにしても病院食ってどうしてこんなにくそ不味いんでしょうかね。

メインは干からびたサバの塩焼きですよ。
パサパサしてて食えないっつの。
だからデザートのりんごをかきこんで、不思議な味の味噌汁(なんかカップヌードルみたいな味がする)を白メシとともに食って、あと変な学校給食のサラダみたいなのを腹に入れて、最後は昨日母が買って病室の冷蔵庫に入れておいてくれたヨーグルトを食べて、サバは丸々残してやりました。

その後午後から汗や分泌液で汚れたパンツと病院服を取り替えに、二名の看護師が来てくれました。
おかげでスッキリしましたが、色々疲れました。

で、これまたくそ不味い夕食を午後6時というアリエナイ時間に食べて、さっきまで友達とLINEしたりうたた寝したりしてました。

それにしても病院食を作る人って、どうしてあそこまで素材の味というか、元々の具材というか、そういうのを不味くすることが得意なんでしょうか。
今日の夕食のメインは豚を焼いたやつの上に大根おろしが載っていましたが、どうして豚肉をあそこまでパサパサに、かつ味が全然染みないように焼けるんですかね。

まあ確かに元々の豚肉はヒレ肉で、脂身が少ないんでしょう。
だったらもっと柔らかく焼けや(怒)
あるいは比較的表面上は健康でそこそこ周りより若い患者を考慮して、脂身のある肉を使えや(怒)

という要望を、この後夜勤の看護師に言ってみようと思います。

さて、これでだいたい書き忘れはないかな。
なんかありました?

あ、CT事件のことですか。
今日も疲れて眠いので、また後日!

おやすみなさい。
    mixiチェック

昨日の続きです。

温厚な老皮膚科医の生検の説明をうけても、僕は最初無謀にも拒んでいたんですよ。

理由は痛いだろうから。
それだけです、はい。

でもこれ以上の理由はない。
まさか「俺の可愛いベイベーちゃんが最近欲求不満でしてね。俺が相手してやらなくちゃだめなんすよ、ベイベー」などとミエミエのウソを病室で語れないですし。
で、正直に「痛いからやだ」と告げると、突如温厚な老皮膚科医師と入れ替わるように、若くて血気盛んそうなお兄さん医師が現れましてね。

「はあ?処置しないの?処置するんなら今のうちだよ。同意書ここに二枚持って来たから。皮膚科の処置とCTの同意書。どうすんの?」

までは言ってなかったかもしれませんが、だいたいまとめるとそういうようなことを言ってきたんですよ。
CTはできれば受けたいですよね。多分痛くないから。でもお兄さんは二つセットで押して来る上に、「早く決めろや。時間がもったいないんじゃ」みたいなオーラをプンプンに出して来るんですよ。
これじゃ安い刑事ドラマじゃないっすか。
温厚な老皮膚科医の説明と、部下の若手医師の脅し……

僕ももう震え上がりましてね。
さっきの温厚医師を返してーーーー!!
優しかった看護師二人は無視を決め込んで別の作業のようなことをしてるし!!

どうすんの?状態だったんですが、渋々同意書にサインしました。
とにかくCTは受けたかったし。そのために昼飯を抜いていたし。

その後しばらくして、老皮膚科医が悠然と入ってきて処置の準備。処置開始。
まあ事前に「やるなら麻酔増し増しでお願いします」と牛丼のネギ増し増しのようなふざけたオーダーをしたせいか、患部を取るのは痛くありませんでした。

が。

その後の縫う段階から麻酔が切れてきて、痛いのなんのって。

「先生、痛いんで麻酔追加してください!増し増ししてください!」と頼んでも案の定無視無視されるし。
やはり散々でした。

でもこれでやっとCTが受けられるー、ご飯抜いて頑張った甲斐があったわー。

というCTでもハプニングが。

続きはこのWebで。

ぶっちゃけここ病院なんで、長文を書きづらいんですわ(笑)
    mixiチェック

入院2日目の今日。

朝から主治医のI先生が病室までわざわざやって来て、「皮膚科の先生と連携して頑張ろう!」みたいなことをいい始めた頃から、嫌な予感はしてたんです。I先生はそんなキャラじゃないしね。

でその後、看護師さんがやって来て、突然の夕方のCT検査を告げました。
ここまではいい。まだ昼飯抜きくらいで済む。

この後が問題でした。色んな痛み止めを飲んで意識朦朧としていた僕。
そこへ温厚そうな老年医師が突如現れ、ちょっと腰周りを見せてと。
そこは僕の放射線治療の痕跡が最も出た部分。渋々見せると医師は「皮膚科です」と名乗りました。
さらに医師はもう一人の部下っぽい医師やその場の看護師と話し始めました。
専門用語を使っているものの、どうにかこちらにも分かる内容。


《多分がんだけど、生検をしてみないと分からないよね》

ひょえーーーーーーーー(>_<)/~~

あたしゃ頭の中真っ白ですよっ。
そもそもこういうことを経験でさらっと言う医師の大半が、大当たりじゃないっすか。

ではとりあえずこの辺で、そろそろ午後の検査なので準備します。
続きはまたwebで。
    mixiチェック

このページのトップヘ