なくもんか(T_T)

夕凪なくもの「公式」ブログです。 小説を書いたり、書かなかったり。 そんな毎日と、自著についてのお知らせを主にします。たまにおススメの本を紹介したりします。 TwitterのIDは@sazamekunami01です。こちらもどうぞよろしく。 AmazonのKindleストアで電子書籍(小説)多数販売中。月刊群雛にも多数の小説を寄稿。E★エブリスタでも時々小説を公開。「超・妄想コンテスト 水場の恐怖」準大賞受賞。人気ブログランキングに参加しています。現在がん闘病中。

今日は大切な友達が昼間遊びに来てくれました。

一緒にお酒やノンアルコール飲料を飲んだり(その人は車で来てくれたので)、色々な話をしたりして、とても楽しい時間を過ごせました。

その友達は先ほど仕事のため帰りましたが、久しぶりに息抜きができました。

このところずっと検査が続いたり、医者から悪い知らせを聞いたりして気が滅入っていたので、今日は久々のストレス発散もできました。

これからまた「生き残るためのあがき」をしたいと思います。

まず手始めは明後日のセカンドオピニオンです。

大切な友達、本当に今日はありがとう
    mixiチェック

去年のがん発覚から今年の再発までの経緯を書いておこうと思います。

まず去年の確か6月30日にがんと診断され、7月3日に紹介された病院に行きました。
大腸がん手術では有名な医者を紹介されたのですが、いかんせん病院が遠すぎました。

そこで調べたところ、近くに「国立がん研究センター」があると分かり、そちらへ通うことにしました。
近いし、がん専門の高度医療施設で安心だろうしということで。

国立がん研究センターで何度も検査を受けた後、入院し8月24日に手術を受けました。
開腹手術の上、人工肛門を増設する、10時間に及ぶ大手術でした。

そののち3週間ほど入院して(この間も色々あり、辛かったです)、退院し、今度は術後抗がん剤を打ちに病院に通う日々を過ごしました。

毎朝血を採った後、1時間ほど血液検査の結果を待ち、血液検査の結果が問題なければ抗がん剤点滴に進む……という流れでした。

それを2週間に1度、12回行うというものでした。

毎回すごく待たされるし(血液検査の後1時間、診察の後1時間待たされ、抗がん剤点滴で2時間以上かかるなど)、周りは老人ばかりで自分は場違いに若く凹みますし、散々な抗がん剤治療でした。

そして抗がん剤治療も最後にさしかかった今年3月頃、血液検査の腫瘍マーカーに異常値が出ました。

その後のCT検査では異常は見つかりませんでしたが、より精密に検査するPET検査という手法で、がんのリンパ節転移・再発が判明しました。

再発までの約8ヶ月は正直、「毎回定期的に検査もしてるし、もし再発してもすぐ手術して取っちゃえば済むんだろう」くらいに考えて、気持ちの余裕がありました。

ところがいざ再発すると、もはや手術はできないと宣告され、現代医学では治せないと医者から言われ気持ちの余裕がなくなり……本当に辛く悲しく、また悔しい気持ちでいっぱいです。

    mixiチェック

ということを考えます。

美しい風景を見るといつも。

それともこれは定めなのか?

そんな綺麗ごとで済ませたくはないけれど。

今日は暖かく、本当に天気のいい一日でした。
お仕事の方もお休みの方も、一週間お疲れ様でした。


    mixiチェック

骨盤内の痛みが増しています。

排尿時の痛みも増しています。

ロキソニンで抑えられているのかどうか……効いている時と効いていない時があるように思います。
特に睡眠時。
痛みと頻尿と排尿痛で睡眠は途切れ途切れ。

いよいよ医療用モルヒネの使用か……しかし薬をもらいに病院まで行くのが面倒なので(しかも来週雨らしいし)、このままGW明けの次の外来まで我慢します。

来週は楽しみなイベントと、セカンドオピニオンがあるので外せません。


    mixiチェック

『死の恐怖と戦っている』というタイトルのエントリーの中で、僕の転移・再発したがんが「手術で取り切ることは可能。でも再発の恐れがあるから手術はしない」という記述をしましたが、誤りでした。

正確には「手術で取り切れないほどのがんの転移・再発」のため、手術ができない状態ということらしいです。

いずれにせよ辛く悲しいです。
    mixiチェック

このページのトップヘ