お待たせいたしました。

僕にはずっと聞こえてたんです。

「エブリスタに載せて、多くの人に支援してもらったあの短編。電子書籍化して読めるようにしてくれ~」

「月刊群雛に載せていたあの作品も、ちゃんと一つの電子書籍で読みたいぞ」 

などなど。

その声(?)にお答えいたしまして、このたび3作の小説を収録した小説集が電子書籍の形で販売されました!!

収録作は、
・99%の嘘と、たった1%の真実 (エブリスタ)
・赤い猫(月刊群雛)
・計算する知性ver.1.5(月刊群雛)

どれも僕の自信作です。 
2014年月刊群雛に長期連載して物議を醸した(?)『贖罪』 は、残念ながら入っていません。
僕の自信作とは言えない気がしたからです(書いたのは何年も前ですしね)。

そして今回の電子書籍の最後にも、短文ながら「あとがき」を書きました。
作品の裏事情なんかも入っています。
それもお楽しみに。

『99%嘘』(と略すことにしました)は、今までの作品よりお値段が少しお高めと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
けれどもそれに見合うだけの自信作3作だと思っているので、是非ともお買い上げいただきたいです!

※また、他の電子書籍の値段も調べて、色々検討した結果、今回の価格になりました。

その他拙著も数多く販売しておりますので、『99%嘘』共々どうかよろしくお願い致します!