不思議です。

ある種の人々の小説を読んでいると、いつも冒頭で登場人物の自己紹介が始まります。

「俺の(僕の・私の)名前は○○××。△△歳。大学□年生」

という風に。

特にアマチュアの作品に多いと思います。

僕がそんな大それたことを言う資格はないのは重々承知ですが、あまりにこのパターンが多すぎるので、つい2ch的なノリで突っ込まざるを得ません。

「(まーた)自己紹介乙!」

普通にプロの小説に親しんだ人ならば、こんなベタな自己紹介はしないと思うのですが……といつも読むたびに残念に思います。

もう少し工夫の仕方があるはずなのになあ、と。


さて、話は変わってエブリスタ。

今日中に『黄土色の殺意』 を読み返したくて、途中まで読んだんですが、「もう何回目だよ(*_*)」と少々うんざりしてきました。

ですからもうこれ以上は読み返しを辞め、後の「粗」は、僕の力量不足ということで。

そして「超・妄想コンテスト これが全てのはじまりだった」に参加している『時間遡行者』 。

僕が呼ぶところの「謎読み」が、まだないぞ!!!

「謎読み」とは足跡が付かないのに、何人も閲覧者数が増えることで、準大賞「サメ」の時は受賞発表前にこの「謎読み」がかなり多くありました。

しかし『時間遡行者』 にないのは、一体どういうことなのか……。

『黄土色の殺意』 はhttps://t.co/ANeQhl3Fpnから。

両作品とも、落選の場合は非公開とし、電子書籍化します。
『黄土色の殺意』 は電子書籍化の際一部公開しますので、応援やレビューなどは反映されます。