フォトショップを手に入れました。

過去に出版した電子書籍の表紙を、色々手入れしようかと思ったのですが……

思ったのですが、やっぱり「生の写真の良さ」をそのまま活かしたほうがいいかなと。
何だかんだで表紙の写真は個人的に気に入っていますからね。

ですので、タイトルロゴだけ変更して、写真はそのまま何も加工せずにおきました。

まあまた気が変わったら加工するかもしれませんが、当分今のまま(明日反映されるかな?)でいきます。


で、昨日は「世にも奇妙な物語」でしたよね。

リメイクされた作品だそうですが、僕にはほとんど「初めて」観るような感覚で新鮮でした。

「世にも奇妙な物語」の良さって、日本のホラー映画によくある「驚かせる(ビックリさせる)タイプ」の物語じゃないところだと思うんです。

日本のホラー映画って、「音と映像」だけで「わっ」とビックリさせる、いわば 「ビックリハウス」みたいなのが主流じゃないですか。

ああいうのって、僕はあまり好きじゃないんですよ。

でも「世にも奇妙な物語」は、物語が丁寧に作られているし、その物語は「クスリ」と笑いを誘ったりもする。
昨日の「イマキヨさん」や「ズンドコベロンチョ」みたいに。

そういうところが、小説でいうところのいわゆる「奇妙な味」が出ていて、面白いなあ、といつも思うんです。

怖いだけじゃないっていうね。

来週の新作放送が楽しみです。