新作短編『真夏の殺意』、エブリスタで公開しましたよー。

これは超・妄想コンテスト「墓場まで持っていく秘密」というお題に応えたもので、色々な仕掛けがほどこされた小説になっています。

まああんまり目立つのも嫌なので、今みたいに読者がほとんどいない(というか、名前で反映されないだけで、名無しで読んでいるそこのおまいら、ちゃんと管理ページでは数が反映されてるゾ。もぐるな笑)、状態でもいいかな。

さて、日付が変わって昨日は、悲惨な大量殺人事件が起きましたね。

社会的に弱い立場の人たちに対して、差別、憎悪感情を持つのみならず、その差別、憎悪を「犯罪」という形で実行した犯人は、社会的に厳しく追及され、また厳罰に処せられるべきだと思います。

昨日の夜はニュースの報道をずっと追いかけていたので、自分の小説の手直しがおざなりになってしまいました。残念。

僕の最新作を読みたい方は、エブリスタのページへGo!!!!!!

落選した場合は非公開にしますが、その後短編集としてKindleストア等で電子書籍の形で販売する可能性はあります。
その時はよろしくな、おまいらー。