寝る前に結構効く眠剤をもらい、飲んでから寝ます。

これがまた色々な妄想、幻覚をもたらします。

大概が不快な妄想、幻覚なので、「わあっ!」という叫び声と共に目が醒めます。まるでマンガです。
で、動こうとしても、体が全く動かない。動かないどころか、太ももにズキズキとした痛みが押し寄せるのです。
これは結構な地獄絵図ですよ。
そして部屋は真っ暗なので、結構な恐怖も感じます。

最初はここがどこだか分からないのですが、時間と共に入院している病院だと分かり、ナースコールを押します。
ここから看護師さんが来るのも長いのですが、どの看護師さんが来るかによって地獄か天国かは決まります。

昨日何度もナースコールを押したのですが、来たのはいつも狐顔のいじわるナース。

とにかく床擦れの所が痛かったのを訴えたのですが、不気味な笑みを漏らしたまま僕をじっと見つめ、最後に「痛み止め持って来ますね」

こりゃ地獄以外の何モノでもない。