なくもんか(T_T)

夕凪なくもの「公式」ブログです。 小説を書いたり、書かなかったり。 そんな毎日と、自著についてのお知らせを主にします。たまにおススメの本を紹介したりします。 TwitterのIDは@sazamekunami01です。こちらもどうぞよろしく。 AmazonのKindleストアで電子書籍(小説)多数販売中。月刊群雛にも多数の小説を寄稿。E★エブリスタでも時々小説を公開。「超・妄想コンテスト 水場の恐怖」準大賞受賞。人気ブログランキングに参加しています。現在がん闘病中。

2015年01月

 のび太はしず香ちゃんとどうしてもピクニックに行きたいと言い出します。だけどしず香ちゃんは「ピクニックはお弁当を作るのが面倒くさいからねえ」と渋ります。

 そこでのび太はドラえもんに泣きつきます。ドラえもんはとっておきの道具「地蔵小僧」というマシンを出してくれます(ホント、のび太は他力本願)。これは人間が出した排泄物を、地蔵小僧が「人間が食べられる物」に再び作り直してくれるという、究極のエコを追求した地蔵型マシンです。のび太はこれを持ってしず香ちゃんの家に行き、「もうお弁当の心配はないよ」と自慢します。「じゃあちょっと一日試させてみて」としず香ちゃん。しず香ちゃんは「地蔵小僧」を借りて、一日試してみます。排泄物から作られたお弁当……でも何だか「おえっ」となって食べる気がしません。
 

 そうこうしているうちに翌日になり、のび太がしず香ちゃんの家に来て「ピクニック行こうよう」としつこく誘います(もはやストーカー並み)。しず香ちゃんはその圧力に押されてのび太の家に行きます。
 

「さてどこ行く? 山? 海?」一人はしゃぐのび太の前でしず香ちゃんは、「一応ピクニックではぐれないように念のために、『こっちがのび太さんち』という紙を家じゅうに貼らない? そしたら迷っても、きっと地蔵小僧が探し出してくれるわ」と言います。のび太は言われた通りに「こっちがのび太んち」という紙を家中に貼ります。確かにこうしておけばのび太たちがはぐれたとき、しず香ちゃんの言う通り地蔵小僧はのび太たちを見つけて探し出してくれそうです。地蔵小僧は人間のような形をした「お地蔵さん」でもあるので、目印をしておけば道に迷わないというわけです。
 

 さて、改めて「山行く? 海行く?」とのび太が訊ねた時、ジャイアンがのび太の家にやってきます。そして地蔵小僧を見て「面白そうだな。貸せよ!」と言います。「やだよ!」とのび太とドラえもんは抵抗しますが、ジャイアンの暴力で強引に盗まれてしまいます。

 ジャイアンは家で地蔵小僧を試し、排泄物からどんどんと食べ物を作り出し、食べます。
 

「うん、美味い!」

 ジャイアンは気に入ったようで、どんどんと地蔵小僧が作り出した排泄物を食べます。

 調子に乗ってむしゃむしゃ食べていると、地蔵小僧が突然、「家に帰らなければ」と言い出します。そしてジャイアンを放ったらかしにして、のび太があらかじめ家に貼っておいた

「こっちがのび太んち」という張り紙の通りに、のび太の家に戻ってきます。

 「待てい、地蔵小僧! ひどいじゃないか!」ジャイアンが追いかけるところで、ストーリーは終わります。


……という夢を見ました(笑)

ドラえもん一話分に相当する夢を見るなんて、自分なかなかだな、と自分でも驚いています(^^; 

こんな風に不思議な夢を見ることは、僕にとって日常茶飯事です。 

 

遅くなりましたが、ブログのほうでもご挨拶。

改めまして、明けましておめでとうございます。

Twitterのほうでご挨拶していたので、ブログの方がおろそかになりました。

年末年始はTwitterで予告した通り、しこしこと長編小説を書いていました。

2014年は僕にとっていい年でした。
月刊群雛にもたくさん寄稿させていただきましたし。

2015年もいい年にしたいと思います。 

今年はまず1月27日に月刊群雛1周年記念号が発売になるので、そこに寄稿します。

それ以降はまだ未定なので、随時Twitterやこのブログでお知らせしていきます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。 


追記:

新年早々、自分の本を幾つか改定しました。
まず値段の改定(分量などさまざまな基準で値付けさせていただいています)。
それからショート・ショート集『人間不信任案』を分離独立させ、月刊群雛2014年4月号にも掲載させていただいたifサイドストーリー/さささやかな抵抗と共にKindleストアで販売いたしました。

表紙は手作り感満載ですが、どうぞよろしくお願い致します。 

このページのトップヘ