なくもんか(T_T)

夕凪なくもの「公式」ブログです。 小説を書いたり、書かなかったり。 そんな毎日と、自著についてのお知らせを主にします。たまにおススメの本を紹介したりします。 TwitterのIDは@sazamekunami01です。こちらもどうぞよろしく。 AmazonのKindleストアで電子書籍(小説)多数販売中。月刊群雛にも多数の小説を寄稿。E★エブリスタでも時々小説を公開。「超・妄想コンテスト 水場の恐怖」準大賞受賞。人気ブログランキングに参加しています。現在がん闘病中。

2015年10月

不思議です。

ある種の人々の小説を読んでいると、いつも冒頭で登場人物の自己紹介が始まります。

「俺の(僕の・私の)名前は○○××。△△歳。大学□年生」

という風に。

特にアマチュアの作品に多いと思います。

僕がそんな大それたことを言う資格はないのは重々承知ですが、あまりにこのパターンが多すぎるので、つい2ch的なノリで突っ込まざるを得ません。

「(まーた)自己紹介乙!」

普通にプロの小説に親しんだ人ならば、こんなベタな自己紹介はしないと思うのですが……といつも読むたびに残念に思います。

もう少し工夫の仕方があるはずなのになあ、と。


さて、話は変わってエブリスタ。

今日中に『黄土色の殺意』 を読み返したくて、途中まで読んだんですが、「もう何回目だよ(*_*)」と少々うんざりしてきました。

ですからもうこれ以上は読み返しを辞め、後の「粗」は、僕の力量不足ということで。

そして「超・妄想コンテスト これが全てのはじまりだった」に参加している『時間遡行者』 。

僕が呼ぶところの「謎読み」が、まだないぞ!!!

「謎読み」とは足跡が付かないのに、何人も閲覧者数が増えることで、準大賞「サメ」の時は受賞発表前にこの「謎読み」がかなり多くありました。

しかし『時間遡行者』 にないのは、一体どういうことなのか……。

『黄土色の殺意』 はhttps://t.co/ANeQhl3Fpnから。

両作品とも、落選の場合は非公開とし、電子書籍化します。
『黄土色の殺意』 は電子書籍化の際一部公開しますので、応援やレビューなどは反映されます。

Twitterアナリティクス。

https://analytics.twitter.com/

群雛ポータル(http://www.gunsu.jp/2015/10/Column-for-indie-writer-Twitter-Leveraging-Method-1.html)で知りました。

分析してみると、めちゃくちゃ面白い。
自分のTwitterアカウントに関するいろんなデータ(よく分からないのも含め)、が出てきます。

ちなみに僕は今月一番よく読まれたツイート(トップツイート)は、藤井太洋さんの講演録についての感想を呟いたもので、インプレッションは746でした。

900人ちょっとフォロワーさんがいても、最高でこのくらい(しか?)読まれていないということなのですかね。

ちなみに過去28日の統計では、100ツイートで、ツイートインプレッションが13756、 プロフィールへのアクセスが2484でした。

一見すると多いように見えるんですが……見方は合ってますかね(?_?) 

とにかくいろんなデータが見れるので、面白いです。
Twitterを続けていくやる気にもなりますよね。

Twitterの具体的な活用法については、月刊群雛で鷹野編集長がエッセイを書いておられるので、そちらをご参照ください。

最後になりましたが、僕のTwitterのIDが微妙に変わりました!

新しいIDはsazamekunami01です。
1→01になりました!

https://twitter.com/sazamekunami01


↑新しいTwitterのリンクです。

ずっと1だけじゃ、なんだかダサいなあ、と思ってたので、01にしてすっきりです。
もうアカウントは変えません(多分)。

そして01は僕が他の所でもIDでよく使用していたことも思い出し、今までそれに気づかなかったことが悔やまれ……

新アカウントになっても、夕凪なくものTwitterをよろしくお願いします! 

まず10月27日に月刊群雛11月号が発売されました。

僕は「99%の真実と、1%の嘘」という読み切り短編で参加しています。

タイトルを見て分かる通り、僕の電子書籍『99%の嘘と、たった1%の真実・他』 の販促 宣伝を兼ねて書いた作品です。
真実と嘘の比率が変わると、こんな風になるんだなーということを、両作品で味わっていただければ幸いです。

「99%真実」では~な風に「真実と嘘」が使われたけれど、「99%嘘」では、~な風に「真実と嘘」が使われている……みたいな楽しみ方ですね。

その他にも、月刊群雛11月号には力作がたくさんです!


次に、Twitterでもツイートした通り、エブリスタで長編『ありがとう』 が賞に落選しました。

たくさんの応援をもらっていたのに、残念です。

『ありがとう』 は大幅な加筆修正を加えた上、電子書籍の形で販売するつもりです。
発売時期は未定です。

 今はエブリスタで長編『黄土色の殺意』がカテゴリ30位、という好位置をキープしています。
皆さん、応援ありがとうございます。

ランキングや応援が全て賞の結果に反映されるわけではないとはいえ、嬉しいです。

目下最近の僕は次の長編に向かって、プロット作りを進めています。 

 

深夜にバタバタしました。

月刊群雛11月号の最終チェックに伴い、自分の『99%嘘』 のEPUBを見直したところ、ルビがおかしくなっているところが!

これは月刊群雛の特殊な「ルビ記号」が、そのまま残っていたという、初歩的なミスです。

検索して全部排除すべきだった……目視では限界がありますね。

という訳で、検索して全部ルビを変換してEPUB作り直し。

ところが。

こういう時に限って、ロマンサーがなんだか調子おかしい。
それとも僕のPCの調子がおかしかったのかな?

とにかく変換したEPUBファイルをドキュメントに取り込めなくて、苦労しました。
この時点で深夜3時過ぎ。

そしてEPUBを改めて見るも、「やっぱり見出しがきちんとしていないな……」と思い直し、Wordの見出しの作り方を思い出しながら、見出し作成。

EPUB変換。
この時点で『99%嘘』 のEPUBを作るのは8回目。深夜4時過ぎ。

もう(*_*)←こんな感じでグロッキー、泣きそうです。

で、できたのが今申請しているバージョンなのですが……見出しがちょっと上手くできてない。

でもぶっちゃけもう限界です。
どうやったら見出しを上手くロマンサーで作成できるのか、よく分からないです。

小説の中身には問題がないと思うので、是非お買い上げくださると嬉しいです。
血と涙と汗が滲んでます(笑)

追記:
新たな「技」を見つけたので、DLは明日までしばらくお待ちください。
『99%嘘』がかなり見やすくなっているはずです。
このようにして、一つ一つEPUBの作り方を覚えていきます。

 

イベント(賞)に参加するため、エブリスタで『黄土色の殺意』という長編を公開しました。

これは前々からTwitterで「大長編見つかる!」と一人で騒いていた、あの長編を推敲修正したものになります。

最初は19万文字くらいある状態で見つかりました。

しかし読み返すと「冗長さ」が目立ち、かなりの部分を「剪定」しました。

結果、16万文字ほどまで削りました。

新宿歌舞伎町と鹿児島県の架空の離島が舞台のミステリーです。

「横文字で長文なんて読みにくいよー」「エブリスタって何?」という方々のために、ちゃんとこの作品も賞に落ちたら、さらなる加筆修正の上電子書籍化するつもりです。 

でも賞に応募する作品を読めるって……時代は変わりましたなあ。 
 

このページのトップヘ