なくもんか(T_T)

夕凪なくもの「公式」ブログです。 小説を書いたり、書かなかったり。 そんな毎日と、自著についてのお知らせを主にします。たまにおススメの本を紹介したりします。 TwitterのIDは@sazamekunami01です。こちらもどうぞよろしく。 AmazonのKindleストアで電子書籍(小説)多数販売中。月刊群雛にも多数の小説を寄稿。E★エブリスタでも時々小説を公開。「超・妄想コンテスト 水場の恐怖」準大賞受賞。人気ブログランキングに参加しています。現在がん闘病中。

カテゴリ: 雑感

一昨日の金曜日でしたか。

病院の会計を済まそうと自動清算機に病院のカードを入れ、その後でいつものようにクレジットカードを入れると、突然エラーの表示が出て、「このカードは使えません」と。
僕はクレジットカードは一枚しか持ってないので非常に困りました。

また、このカードが使えないのはどゆこと?
もしかしてスキミングでもされた?
とかなり疑心暗鬼になりました。

仕方なく現金で支払いを済ませましたが、僕の次に会計をしようとした年取った親子も、「あら、カードが使えない。どうして?」みたいなことを話してるんですよね。ということは、自動清算機の故障?

なんだかモヤモヤしたまま帰りのタクシーに乗り、タクシーの中でカード会社に電話しました。
でもカード会社ってすごく面倒なんですね。
本人確認をするまでが長い長い。
おまけにタクシー運転手がいる前で個人情報を言わされ、げんなりですわ。

で、ようやく本人確認ができて事情を話すと、単に限度額オーバーとのこと。
確かに抗がん剤20万円とか、放射線代も毎日高額とか、カードはフル活用してたので仕方ないですね。カード会社の人に限度額を上げてもらうよう頼むと、これも審査があると。
本当にカード会社って面倒臭いですね。

まあでも僕がもう一枚予備のカードを作っておかないのが悪いんですが(笑)

あと、治療費って結構かかりますよね、って話でした。
    mixiチェック

昨日寝る前にTwitterのタイムラインでも追おうかと自室の電気を点けたら、チカチカと謎の明滅を繰り返しした後、消えてしまいました。そして二度と点かなくなりました。

そこで一夜明けた今日、オッケーGoogleではないけれどGoogleで街の電気屋さんを調べ、電話をかけてみたところ、ヨボヨボのお爺さんが出て、「今若い者がおらんで、出張できんずらよ」みたいなことを標準語で言っていました。
どうやら出張設定自体が嫌そう。

その後街の電気屋を探すも、見つかりませんでした。

仕方なく今度はGoogleの広告でずらりと出てきた、僕の所在地近くの「電気のトラブル屋さん」に電話。
あ、ちなみに僕は今足が悪いので、僕一人で電球を交換することはできません。
はてさて電気のトラブル屋さんへ電話すると、一軒目から「電球交換8000円です」と厳しいお言葉。

で、電球替えるだけで8000円!?!?

足元見るなあ。
この辺で一人暮らししてる老人とか、どうやって電気のトラブルを解決してるんだろ??

その後幾つかの業者に電話するも、回答は全て同じ。大体8000円から10000円。
しゃーない、これに頼むか、と最後に電話した業者に頼むことに。

何度か面倒臭い電話のやり取りがあった後、その業者が言うには、今はLEDの時代ですよと。お宅が前まで使ってた蛍光灯はうちでも在庫はありませんと。

で、家に来た業者の兄ちゃんもそう言うので、ついにLED工事をしてもらうことに。

結果、かなり明るくなりました\(^_^)/

古い蛍光灯も2000円で引き取ってくれたし、トータル20000円はちょっとお高めだけど、今の足が悪い状況だと仕方ないですよね(^^;

それにしても街の電気屋さんはどうして消えたんだろ?
    mixiチェック

吉野家、松屋、すき家。
煮る牛丼の御三家と言えばこれですね。

僕も若かった頃、飯代を浮かせたい時は度々利用しました。
でもどの店に入っても、味はいまいち「うーん」なんです。一度大学の先輩と松屋に行ったことがあって、先輩に正直にそのことを話してみると、「お前はまだ牛丼の本当に美味い食い方を知らないだけだ」とドヤ顔で妙な勘違いをされ、「よく見ておけ」と先輩が取った行動は、牛丼並盛に並々と紅生姜を盛り、真っ赤っかになった牛丼を餌に群がる家畜のごとくかきこむ……という離れ技。

せ、先輩それって単なる貧乏メシじゃないっすかーーー\(^^)/

とも言えず、しぶしぶ真似をしてみたら、案の定激マズでした。
牛丼って本当にその人の味覚が分かりますね。

そんな折、大学の近くの老夫婦が経営している今にも潰れそうな蕎麦屋で、牛丼を裏メニューとして出してることを知りました。食べてみると、めちゃくちゃ美味い。御三家のうっすーいビミョーな味付けの記憶などどこかへ吹き飛んでしまうほど、味が肉に染みてて美味い。

それ以来よく通っていたのですが、大学卒業と共に行かなくなりました。
けれどもあの味がどうしても忘れられず、数年後に足を運んでみると、老夫婦の店は見事に「銀だこ」に変わっていました。

残念。

それ以来、焼き牛丼にハマったくらいで、煮た牛丼の美味い店は探せずにいました(別に探すほどでもないんですがね笑)

ところが、なんと今日、全ての牛丼を上回る人生で最高の牛丼を食べました。

その牛丼は黒毛和牛と最高玉ねぎといった風に素材にこだわり、味付けも最高。肉にタレがよく染みてて極上の味わいを醸し出す。勿論紅生姜のような安っぽい小道具で味を誤魔化す必要もない。

本当に今までの人生で一番美味い牛丼でした。

その作り手、シェフは誰か?

もう勘のいい方ならお気づきですね。

ええ、僕の母の手作りです(笑)
    mixiチェック

起きてから足が物凄く痛く、足全体がこわばっていました。

パソコンの前に座るのも一苦労。
椅子に座るとお尻はもうほとんど痛くないのですが、足が折り曲がって圧迫されるような形になって痛いんです。

メールボックスを確認すると、来てました今日も。
凝った迷惑メールが。

そのメールは僕のメールアドレスそのもので来るんです。
これが僕が凝った迷惑メールだな、と思う点で、全く知らないアドレスからの迷惑メールなら、何も見ないで迷惑メールボックスに入れてまとめて消去すればいいじゃないですか?

でも自分のメールアドレスから送られて来ることで、「おや?」と思うじゃないですか。

で本文を読んでしまうと、どうやら「あなたがアダルトサイトを見ている時の、あなたの顔をウェブカメラで録画しましたよ。録画を消去してほしければ、ビットコインを買え」ってな内容らしい。

でもねえ、残念ながら僕はアダルトサイトなんて観ないんですよね。アダルトサイトこそ詐欺の温床じゃないですか?って意識があるんで。

だからこの時点でメールは迷惑メールで詐欺メール。

どうやら最近この手の詐欺メールが増えてるらしいので、心当たりある方はお気をつけて!

明日からまた放射線治療に行って来まーす。
    mixiチェック

ある友達から半月ぶりにLINEが来ました。

おー久しぶり、ってか、最後は僕からの疑問文で終わってるから、返信遅っと思いながらLINEを返しました。

すると次のLINEでその友達は突然「お金を貸して欲しい」と言ってきました。

はあ?

思わずあいぽーんちゃんを二度見しましたね。
半月ぶりに突然LINEの返信をしてきて、僕が闘病中であることを知っていながら、一度たりとも励ましや心配の言葉もなく、突然お金貸してって……あなたにとって僕は都合のいいATMですか???

すぐに断りのLINEを送りましたが、未だに釈然としません。

その友達は以前このブログでも紹介した、僕としてはかなり尽くした大切な友達でした。
お金に困っているなら、勿論助けたい気持ちはありましたが、いくらなんでもこちらの辛い状況を一切無視し、励ましも心配もしてくれないのに、黙ってむざむざとお金を貸すほど僕はお人好しではありません。

その人にとっては因果応報だと思います。

あなたを中心に世界が回っているわけではありません。

いくらでもその人に投げ掛けたい言葉はありましたが、ぐっとこらえました。
その代わりに襲ってくるのは、寂しさと悲しい気持ち。

まさかその人がそんなにひどい人だとは思いませんでした。
カネの切れ目が縁の切れ目と言いますが、たとえそうなっても仕方ないのかな。

お金は人間関係を容易に破綻させてしまいますね。

そしてお金は人の本性を容易に炙り出しますね。
    mixiチェック

このページのトップヘ