なくもんか(T_T)

夕凪なくもの「公式」ブログです。 小説を書いたり、書かなかったり。 そんな毎日と、自著についてのお知らせを主にします。たまにおススメの本を紹介したりします。 TwitterのIDは@sazamekunami01です。こちらもどうぞよろしく。 AmazonのKindleストアで電子書籍(小説)多数販売中。月刊群雛にも多数の小説を寄稿。E★エブリスタでも時々小説を公開。「超・妄想コンテスト 水場の恐怖」準大賞受賞。人気ブログランキングに参加しています。現在がん闘病中。

タグ:大腸がん

最近になって辛くなってきたのは、看護師さんたちの言う「処置」です。

どういうことをするかと言うと、寝たきりでミギーも激痛な僕の体を綺麗にすることです。
ですがそれ以外にもミッションを抱えています
そのミッションとは、生検でできた傷をボディソープでよく洗い流し、そこに軟膏を塗ることです。

これがまた泣けるほど染みます。
僕はベッドの上でのたうち回ってるのですが、看護師さんたちは誰一人何もしてくれません。
中には背中や腕をさすってくれる看護師さんもいますが、その他大勢は「痛みくらい自分で何とかしなさい」といったところでしょうか。

この苦行が毎日。
恐らく生検の傷の抜糸を終えるまで続きます。
もしかすると抜糸を終えても続くかもしれません。傷の具合がよくなければ。

本当に毎日が憂鬱で地獄です。
転移だけでももう死刑宣告に等しいというのに。
    mixiチェック

面会時間をとうに過ぎたというのに、隣室から複数の子供たちと女性の叫ぶような声が聞こえます。

「お父さん頑張れ!」
「お父さんもうちょっと頑張るよ!」
「お父さん寝ちゃダメだよ!」

どうやら僕はとんでもない所に来たようです。

ここは生と死の狭間に位置する場所。
生きる者は笑顔でこの場所を後にし、死すべき者は冥界の暗闇に永遠に閉ざされる。

僕は絶対にここを出て行きたい。二度とこの場所には戻ってきたくない。

それにしても今何時だと思ってるんだろう。
病院の夜が短いことを、彼らは承知しているのだろうか。
未だに「頑張れ!」を大声で連呼してるけど。

僕もこの年にして、いろんな部位への転移が明らかになりました。
主治医が最初予言した通りです。
「⚪⚪さんのがんは目に見えないレベルで全身に広がっているため、いつどこで転移・再発が起きてもおかしくない」

ここまで言われても、僕は何故か現状が他人事のように思えてしまいます。
毎日の看護師による処置の激痛や、突然波のように押し寄せる右足の激痛に、日々「なんでこんなに痛い思いを僕だけがしなけりゃならないの?」と不思議に思うだけです。

つまり、今の僕には現実認識能力がなくなって、視野が狭くなっているのでしょう。
    mixiチェック

毎日下らないギャグを書いたり、おちゃらけている場合ではありませんね。

人間、人生の中で上手くいっているときもあれば、痛いしっぺ返しを食らうこともあります。

昨日11月21日水曜日の夕方頃、僕は絶望の淵に立たされるような宣告を、主治医から告げられました。
そのショックのあまり昨日の日記を書けなかったほどです。

結論から言うと、がんの転移です。

激痛の走る右足にも転移していましたし、それ以外の部位にも転移していました。

本当に辛く悲しいです。
どうして自分がこんなに次から次へと困難に晒されるのか、全く意味が分かりません。

僕は本当に凡人で、何の取り柄もない普通の孤独な中年だと思ってたのに、病気の症状だけがやけにドラマチックで、そのギャップに目眩がしそうです。

もはやこれ以上闘う気力は僕に残っていません。
かといって自殺する勇気もない。

ヘタレです、僕は。
    mixiチェック

明日の入院が決まり、準備のため大忙しです。

特に忙しい理由は、僕の入眠時間が遅いことにより、必然的に今日も昼ごろにやっと起きたことです。僕の起床時間が遅いから、準備が捗らない。
おまけにこうしてブログまで書いてますしね(^^;

後、昨日寝る前、色々実験してみたんですよ。
普段の痛み止めを飲まずベッドに入ったらどうか。
それでも激痛がミギーを襲うなら、寝る前の痛み止めだけ飲んで、頓服は飲まなかったらどうか、など。

結論として、激痛の時は敢えてあいぽーんちゃんやKindlefireちゃんに構ってもらって気を紛らわせると、痛みが消えました。
はい。
真面目に。

ところがそれらで一時的に痛みを紛らわせても、じゃあ痛みが消えたから電気消して寝よう、となると急に激痛がぶり返してきて悶絶することになるんですよ。

で、そうこうしているうちに、時計は午前4時半とか……アリエナイ。

僕の痛みは精神的なものなのでしょうか?

明日からの入院でこの点も明らかにしたいと思います。
    mixiチェック

急遽入院することが決まりそうです。

原因はやはりミギーとサギー、とりわけミギーです。

まずこんなに歩けなくて、恥ずかしい話トイレも入浴も介護を必要としてる今、介護の負担を減らす意味でも入院して痛みのコントロールをした方がいいだろうとの医師たちの見解。

また放射線の病院で痛みのコントロールをしてから来いと言われてるなら、抗がん剤の大病院で徹底的にコントロールの術を得てから再度放射線治療を受けた方がいいだろう、との大病院の医師陣の見解。

また今は24時間痛みと闘ってる状態だから、在宅診療にも限界がある。

これらの要素が複雑に絡まって入院という結論になりました。

とりあえず色々準備しないと。

入院中でもできるだけ日記は続けるので、しばしお待ちください。


追記
それにしてもあまりに感傷的になって付けてしまったタイトルだけど、大げさやろ、と自分にツッコミ入れてます(笑)

僕は絶対にまた住み慣れた今の我が家に帰ってきますよ!
    mixiチェック

このページのトップヘ