なくもんか(T_T)

夕凪なくもの「公式」ブログです。 小説を書いたり、書かなかったり。 そんな毎日と、自著についてのお知らせを主にします。たまにおススメの本を紹介したりします。 TwitterのIDは@sazamekunami01です。こちらもどうぞよろしく。 AmazonのKindleストアで電子書籍(小説)多数販売中。月刊群雛にも多数の小説を寄稿。E★エブリスタでも時々小説を公開。「超・妄想コンテスト 水場の恐怖」準大賞受賞。人気ブログランキングに参加しています。現在がん闘病中。

タグ:血液検査

昨日火曜日は千葉県の病院に行って、CT検査を受けてきました。

曇り空でぎらつく太陽もなく、湿度は高いものの不快というほどではありませんでした。

結論から言います。

重粒子線治療ができるほど、腫瘍は小さくなっていませんでした。

非常にショックを受けましたが、その後の医師のフォローがありました。

具体的に書くことは今は避けますが、簡単に言えば放射線治療で代替をするということです。
ただ普通の放射線だと副作用などを考えて線量を下げたりして、根治は難しいらしいですが、そこをどうするか……ということについて、千葉県の病院の先生はこちらが納得いくまでとことん話をしてくれました。
そしていくつかの提案もいただきました。

失礼かもしれませんが、今の主治医では、考えられないくらい丁寧な診察でした。
何より、僕が生きるために色々な提案をしてくれることがありがたい。
主治医は、「座して死を待つ」くらい、何も提案してくれませんから。

提案など一通り終わった後、血液検査の結果を丁寧に解説していただきましたが、結果はきわめて良好でした。
特に中性脂肪と血糖値が低いのが、褒められる点だと先生もおっしゃってくれました。

本当にいい先生に巡り会えて、また新たな治療に向かっていきたいと、改めて思える一日でした。

家に帰ったあと、電車を乗り継いで遠い距離を歩いたからか、足が痛くて痛くてたまりませんでした。
特に右足のむくんでるほうが、激痛がずっと走っていました。

痛み止め大量飲みで、どうにか治まりました。
    mixiチェック

今日は重粒子線治療ができるかどうかを判断するCT検査の日で、千葉県の病院まで行ってきました。

風は強いですが幸いよく晴れて、気持ちのいい天気でした。
これが雨だと最悪になるので。

結論から言うと、膀胱周りにできた腫瘍は重粒子線治療が可能になるほどまで小さくなっておらず、もう少し抗がん剤治療を続けて様子を見るということになりました。

担当の先生は今後の治療方針をよく示してくれる方で、もし抗がん剤治療で腫瘍が小さくならなくても、あるいは抗がん剤治療が続けられなくなっても、こういう方法を取った上で重粒子線治療ができる、など、とても明確に今後の可能性について語ってくださって、患者としてはとても分かりやすくありがたかったです。

また血液検査の結果も、普段の東京の病院とは比べ物にならないくらい丁寧に解説してくださって、ありがたかったです。

この先生にならお任せしてみよう、と思える先生でした。

次のCT検査は8月末で、その時にまた重粒子線治療ができるかどうか判断してもらいます。

焦って重粒子線治療をしても、膀胱が駄目になって生き地獄になった例……とかも聞かされたので(怖い……)、焦らず先生とよく相談しながら治療を進めて行きたいと思います。

ひとまず今日はお疲れ様でした。
    mixiチェック

明日は抗がん剤投与2回目です。

また朝から血液検査、尿検査を受け、結果に問題がなければ抗がん剤投与へ、という流れでしょう。

こちらとしても診察時に医療用モルヒネの量を増やしてもらうことや、手足のしびれについて先生に話さなければ。

そしてまた明日は朝からひたすら待ち、抗がん剤投与も約3時間半かかるので、それに耐えなければ。耐えられなくてTwitterに色々呟いたり、ブログを書いたりするんですがね。

よろしくお付き合いくださいm(__)m

とにかくまだ尻が痛いので、明日の抗がん剤投与でこの尻の痛みが少しでも消えてくれれば。
そして重粒子線治療のために、少しでも腫瘍が小さくなることを願います。
    mixiチェック

このページのトップヘ